ある日、突然借金出来た(´・ω・`)

29歳の誕生日、おれんじの元にかかってきた一本の電話。その電話で一気に200万の債務者となった、おれんじの借金返済物語。

消化不良

決意を新たに、おれんじは糞垂れ弟を成敗しに実家へと向かった。


息子をチャイルドシートに乗せいざ参る。


ちなみに息子はまだ保育園に通っていないため、普段は嫁さんがパートに行って間は俺が息子の面倒を見ている。

まあ半分は息子と一緒に昼寝してるから、育児とは言い難いかもしれない。

今回は弟を成敗するためもあるが、一方で両親に孫見せも兼ねている。


まあ前回あったのが今年の2月ぐらいなので、半年以上会っていない計算になる。

(;゚д゚)ヤバイ


半年ぶりに会う両親に息子がどんな反応を見せるか楽しみである。

だがその前にやることがある。


実家に帰ってすぐ親父に


「糞垂れ弟は?」


「今しがた帰ったぞ」


どうやら逃げられたようだ。勘のいいやつだ。(・д・)チクショー


焦ることはない、じっくり追い詰めてやるか。


で、糞垂れ弟を一先ず置いといて、親父に事の詳細を伝え、給与天引きを確約させた。

これで返済の目処はたった。


一方息子は親父からつかず離れず、一定の距離を保ちながらも、親父が気になる様子。

(`・ω・´)


そんなこんなで息子は次第に実家の雰囲気に慣れ、いつものように物を物色。

その姿に親父がひと言


「ホームレスかお前の息子は」


「物色するの大好きだからな」

 

テレビの周りをうろつく息子。テレビが気になるみたいだ。その後帰るまでテレビの周りをうろつきまわる。


まったく、誰に似たのだろうか。


残念ながらこの日は糞垂れ弟には会うことが出来なかったが、息子の新たな行動を発見出来たので、よしとしよう。

一縷の望み

弟を成敗するため、名古屋からわざわざやってきたおれんじ。はたして弟に会うことが出来るのか!?


というよりも、先日不動産屋に行ったのだが、当然の如くだめでした。(;´Д`)デスヨナネ

200万の借金持ちに住宅ローンなんて、万に一つも審査が通るわけがない。

運がいいのは、この借金話をよめ


しかし、そこの不動産屋は対応が違った。


「確かに今のままでは無理ですが、債務が少なければ審査が通る可能性はあります」


「具体的には?」


「理想は完済です。しかし50万以下なら恐らくは上手くいくかもしれません。多くて80ぐらい」


「借金あっても審査通るんですか?」


「年収と額によりますが、債務が50万あっても、審査通る方は通ります。むしろ債務が全くなくても、税金の未納や延滞起こす方は通りません。絶対に」


確かに税金は最重要だな。納得する。

それから不動産屋に言われたのは、


今の債務は必ず毎月期日までに返済すること

(遅れると信用情報が傷付く)


税金は絶対に未納などしない。

(一度でも滞納すれば、一発で信用情報が傷付く)


クレジットカード等の紛失や事故は起こさない。

(信用情報が傷付く可能性あり)


大まかにこの三つ。今の状況は絶望的だが、まだ少なからずチャンスはある。


弟を成敗するのも大事だが、話をしないといかんな。

事情聴取

犯人が弟だとわかり、さっそく連絡をするが、



まったく電話に出ないヽ(゜Д゜)ノ



しかし慌てる事は無い。

何故なら弟の勤め先は、俺の親父が経営する会社。小さな会社だが、親父と一緒に行動しているため、最悪親父に連絡すればいい話。


「糞垂れ(弟)はいるか?」


「家帰ったぞ」


どうやら実家にはいないみたいだ。

面倒なので事情を親父に話す。


「あいつそんなことしたのか?」


「したんだよ。だからあいつと連絡とりたいんだよ」


相変わらず親父は反応が薄い。まるで他人事のような反応。

まあ、今回の騒動には親父はまったく関係ないし、俺はあくまで弟から返済してもらうからだ。


「まあいいや、あいつに言っとけ。毎月10万で勘弁してやるとな」


仕方なく、親父から直接弟の給与天引きをする。


これで連絡してくるだろうと、俺は思っていた。だが現実は残酷だった。


1週間経っても連絡が来ない。

(`Д´)ナメテルワ


仕方ない、面倒だが実家の豊田に帰るとするか。そして鉄拳制裁するか。