ある日、突然借金出来た(´・ω・`)

29歳の誕生日、おれんじの元にかかってきた一本の電話。その電話で一気に200万の債務者となった、おれんじの借金返済物語。

油断してると痛い目に会うでしょう

26日。クリスマスも終わり今日からしばらくは楽が出来るだろうと思っていた。

しかしいざ荷物を見てみると地味に多い。

(;´Д`)マジカー



物量の多さに地味にテンションが低くなったわけですが、今日頑張れば定休日なんで頑張ります。

(・∀・)ヤットダゼ



ホント油断するとロクな事がありません。

人がいないもんだと無人店舗に行ったら店員がいた。

(;゚д゚)ビビルワ!



で、その店員を見たらすごく疲れ切った顔してた。クリスマス商戦で多分家に帰れてないのだろう。

(´Д`)オツカレチャン



そういえば妹からの入金がまだ確認してない。振り込みはしているみたいだから、明日引き出して約定金返済をしないとね。

明後日には今年最後の債務報告が出来そうです。

(;´Д`)モクヒョウトドカズ



久しぶりに妹と連絡したら、姉様の娘、いわば姪っ子が、民家に毎日どんぐりを投げ付けてたみたいで、姉様が学校から呼び出しを受けたそうな。

(`・ω・´)ドングリ



しかしそれ程度で嘆いていてはだめ。

何故ならおれんじ家には俺や妹などの更なるバカがいるのである。

どんぐりを投げ付けるのは始まりに過ぎない。

(・д・)マダマダ



公園にある時計をいじって針を回りっぱなしに放置したり、公園に備え付けの物置を壊して中に侵入し、中にある催事で使う御輿を壊したり。

(;´Д`)マダマダ



公園を勝手に秘密基地にしたり橋の下に秘密基地作ったり、終いには火遊びからのぼや騒ぎ。

(;゚д゚)ヤバイ



数え切れないイタズラをしてきたが、果たして我が息子はどんなイタズラをしでかすのであろうか、少し不安なおれんじでした。

(*・ω・)ノ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。