ある日、突然借金出来た(´・ω・`)

29歳の誕生日、おれんじの元にかかってきた一本の電話。その電話で一気に200万の債務者となった、おれんじの借金返済物語。

息子の楽しみ

今日は23日。

街は飲み会帰りの人間で溢れる。

今までの比ではないぐらいに。

(´Д`)ヒトダラケ



酒が入って皆気分良く。

そんな中をせっせと配送するおれんじ。

気分が良いのはよろしいが、酔っぱらって赤信号渡るのは止めましょう。

(;゚д゚)アブネーカラ



クラクションは鳴らしませんが、無言の圧力を容赦なくかけていくんで、ヨロシク!

(・д・)ヨロシク!



最近の息子の流行、バブ。

炭酸入浴剤で遊ぶのが好きらしく、晩飯の後に風呂へ行くぞと呼ぶが来ない。

自分の世界に入って嫌がる彼を風呂場へ向かわせるためには、バブを用意します。

(´Д`)バブダゼ



すると人が変わったかのようにおもちゃを片付け、バブを持って風呂場に直行するではないか。

(・∀・)バブダゼ



「早くバブろうぜ」



みたいな感じで封の開いてないバブを風呂に投入。体を洗い風呂に入るとバブ開封。

溶け出したバブを手にしおもちゃのアンパンマンの頭に突っ込む。

(;´Д`)タイヘンダナ



バブが小さくなると容赦なく握り潰す。

粉々になっても容赦なく無くなるまでバブを追い込む。

(`・ω・´)ナンデ?



息子の好みは日々変化していくんだなと感じたおれんじでした。

(*・ω・)ノ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。